2016年3月27日日曜日

ヤクト・ドーガ 05


ヤクト・ドーガ現状。

ヤクト・ドーガ

ヤクト・ドーガ


バックパックを製作。
スタインの物をベースにGタンク、HGUCマラサイのパーツで製作。
上部に小さいスラスターも追加。
ハッタリが効くのでスタインのプロペラントタンクはそのまま活かしました。

ヤクト・ドーガ


脚部装甲断面にシイタケを追加、複合装甲っぽく見えればいいな。

ヤクト・ドーガ

ヤクト・ドーガ


膝パーツ。前回旧キットを元に製作したのですが、
大きすぎてバランスが悪く感じたのでプラ板&エポパテでスクラッチしました。
小振りでスッキリしました。

ヤクト・ドーガ

腹部。
シナンジュの動力パイプを移植

ヤクト・ドーガ


前腕。
ヤクトらしい形状にするためにどうするか悩んでいましたが、たまたま手にしたシナンジュのスラスターカバーが上手く付きそうだったので少し形状を修正し利用しました。

ヤクト・ドーガ


シールドバインダー。
以前作ったのがやっつけ過ぎだったので、一旦バラして作り直しました。
取り付け位置も見直し、以前より肩側に寄せ、高さも下にさげました。

肩。
スタインの肩パーツを利用し形状変更。
肩前面のスラスターはWAVE製の物の変更。

ヤクト・ドーガ


HGUCヤクト・ドーガと並べて…

ヤクト・ドーガ

ヤクト・ドーガ

パーツも揃ってずいぶんヤクトらしくなったと思います。
ヤクトはこのへんで一旦休憩。塗装待ちの3体を進めたいと思います。

オルフェンズの最終回を見なくては!

では

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へプラモ・模型ブログランキング







2016年3月13日日曜日

ヤクト・ドーガ 04



最近お気に入りのツールです。

【 タミヤセメント (流し込みタイプ) 速乾 】 40ml

今まではクレオスのセメントSをメインに使用していましたが、
今では9割方タミヤ流し込みタイプ速乾になりました。

セメントSだとちょっともたついている間に乾いてしまって接着できないときがありましたが、タミヤ速乾はセメントSよりも乾燥までの時間が若干長く、着けてからの微調整も可能です。溶解力も高いのでセメントSよりしっかりと接着出来る気がします。
スピードと接着力のバランスが絶妙です。


もうひとつ

【瞬間接着剤用プライマー】(PP・PE・POM)

ABS、ポリキャップなど今まで接着が困難だったパーツにコレを塗布すると接着出来るようになります。今回のヤクトのようにミキシングによる製作には本当に便利です。
もう手放せません。










ではヤクト・ドーガです。
足回りを中心に進めました。

ヤクト・ドーガ

ゲルググの脚装甲は分割。

ヤクト・ドーガ

スラスターにはスタインのバックパックの物を流用。
膝は旧キットのヤクトの物を芯に成形。

ヤクト・ドーガ

ヤクト・ドーガ

装甲裏側はまだスカスカ。
メカディティールをぎっしり詰め込みたいのですが、苦手なんですよね。
SWのキットに手を出すかなぁ…

ヤクト・ドーガ

では


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へプラモ・模型ブログランキング