投稿

2016の投稿を表示しています

2016年製作まとめ

イメージ
今年の制作まとめです。

1)UNICORN GUNDAM 03 PHENEX 
メッキを落としての全塗装で仕上げました。
モデグラの記事に沿って肩の大型化、脚の長さ対策で外装をカットし
サイコフレームを露出させています。
デストロイモード固定です。




2)UNICORN GUNDAM Ver.Ka
9年近くパチ組状態で放置していましたがやっと完成。
改修点はフェネクスと同じく肩の大型化、外装をカットしサイコフレームを露出。
特装版の小説に付いてきたガトリングも製作しました。




3)Z-RODI
マン・ロディを重力下仕様のオラ設定で制作。
当初の予定にはなかったのですが、オラザクに間に合いそうだったので
突貫で仕上げ手応募しました。
鉄血部門:一次審査通過しました。




4)PLAMAX 1/20 リン・ミンメイ 
成形色を活かし簡単仕上げで制作。
小スケールながらミンメイの立体物の中でもベストな造形だと思います。




5)GM CANNON Ⅱ 

これもパチ組で数年放置していたキットです。
バランスの良いキットなので小改修でプレーンに仕上げました。
好みでブルー系のカラーリングに変更しました。




6)JAGD SINANJU

第19回 全日本オラザク選手権:大賞受賞
実は制作中から「こいつカッコイイな、自分史上最高傑作になる」と思っていて、一次通過は問題ないだろう自信はあったのですが、まさかまさかの大賞でした。
歴代の大賞の皆さんに比べると技術も知識もまだまだ未熟者です。
「奴は歴代大賞の中でも最弱」って感じwww




今年はオラザクの制作に集中していたので、昨年より少なく6個の完成でした。
オラザク選手権は来年20周年の記念となる大会なのでまた参加したいと考えてます。
作りたいネタも決まっているのですが、ほぼフルスクラッチになりそうなので、
果たして本当に出来るかどうか怪しいです。



■本日ホビージャパン編集部より「JAGD SINANJU」が戻ってきました。
長期間の展示を想定して制作した物ではなかったので、
展示途中で壊れないか心配な面もありましたが、無事つとめを果たせました。
大きな破損や傷もなく無事に戻ってきました。
今にして思えば、ファンネルは磁石ではなく接着して送るべきだったと反省。
編集部での撮影・ヨドバシでの展示の際はさぞ面倒な作業だったと思います。
編集部の皆さん大変お手数…

終了まであと僅か

イメージ
またまた告知でスミマセン。 早い物でオラザク発表からもう1ヶ月。
JAGD SINANJUのヨドバシカメラ新宿西口での展示も
あと僅か(27日終了予定)になりました。
この3連休、お買い物のついでにでも見ていただければ幸いです。

展示が始まってからこの一月は酷評されるのではないかと不安でいっぱいでした。
はずがしながらエゴサーチをして調べてみたところ
ヨドバシで見ていただいたか方々からは概ね好評のようで安心しました。
ご覧いただいた皆様、有り難うございます。



この写真はMG-モデラーズギャラリーの投稿へいただいたコメントの中に 赤いヤクトも見てみたいというご意見をいただきましたので 簡単ですが画像加工で色替えしたものです。
クェスカラーのつもりですが…どーなんでしょうか? やっぱり緑のギュネイカラーのほうが一目でヤクトとして認識されるような気がします。


 緑のヤクトと並べるとなんだかクリスマスっぽいですね。


展示はもうすぐ終わりますがモデラーズギャラリーではいつでも見ることが出来ます。 他にも多くのオラザク参加作品が投稿されていますので お気に入りに作品には投票して下さい。

よろしくお願いいたします。









ナイチンゲール 02

イメージ
昨夜からの大雪には参りました。 今朝の車の上、30センチぐらい積もってました。 この後も降り続けたので夕方までに40センチぐらいですね。 12月でこの雪の量は辛いですね。 久しぶりの雪かきで腰が痛いです。





さてナイチンゲールですが少しずつ進めています。 大きすぎて一度に机の上に広げられないので足からはじめています。


■脚部

とにかくアッサリ・シンプルな造形なので
切り欠き、フレーム風パーツなどで情報を増やしています。


つま先部分をカットし、余っていたスタインの肩フレームを挟み込んで延長。 シリンダーなどメカっぽいディティールを追加しています。 甲にはプラ板でディティール追加。

足裏はチョコッとだけ弄りました。 中央部のフィンはWAVEの三角棒を並べて作っています。



踵のダクト状のモールドを切り抜き、WAVEの三角棒で作ったフィンに変更しています。 オラザクのヤクトに続き、「またかよ」と思われそうですが、 脛バーニアカバーをパカッと開くようにしました。 ふくらはぎ内部のフレームがスカスカで何もなかったので ビルダーズパーツのMSバーニア03を仕込みました。 その他にNXEDGE STYLEナイチンゲールを参考にディティール追加しています。 放っておくと弄りすぎて他とのバランスが悪くなりそうなので脚は一旦終了。


 ■隠し腕


簡単ではありますが、ボールデンアームアームズを利用して可動化しています。 マニピュレーターはキットの物を三枚におろして可動化しています。

 ■下半身
つま先の延長・バーニアカバーを開閉式にしたことで迫力が増しました。 良いのではないでしょうか。



 ■股関節 順番が前後しましたが、股関節があまりにも簡単にはずれるので 関節技ボールジョイントに変更しました。 外れにくくなるだけではなく、より低く構えられるようになりました。




 ■全身  上半身は何もしていませんが現状での全身画像です。




作品展示について

イメージ
先日も告知しましたが、ヨドバシカメラ新宿西口本店ゲーム・ホビー館2Fで オラザク大賞作品〈JAGD SINANJU〉の展示が始まっているそうです。

展示期間は12月26日か27日までの予定。
セイラマスオさんと木村直貴さん 憧れのプロモデラーお二人の作例に挟まれて展示されています。 こんな風に一緒に展示されると思っていませんでした。 いやこれ、罰ゲームでしょ(^_^;) 偶然にもセイラマスオさんの作例もシナンジュ・スタインを改修したものです。 この2つの改修アプローチの違いを比べてみるのも面白いかも…


こちらの写真は編集部の方にお願いして撮影していただきました。
お忙しいところワガママなお願いを聞いて下さり有り難うございました。





モデラーズギャラリーにも投稿しましたので
こちらも宜しくお願い致します。



では











第19回全日本オラザク選手権 大賞受賞しました。

イメージ
地元札幌での発売までお知らせしないでおこうかと思っていましたが
表紙にデカデカと載っているので皆さんお気づきでしょう。

オラザクに挑戦して4回目。
ついに大賞を取りました!!



第15回 91pt〈マラサイ部門〉一次通過第16回 95pt〈ガンプラ部門〉金賞第17回 95pt〈ビルドファイターズ部門〉一次通過第18回 不参加第19回 93pt〈ガンプラ部門〉大賞
リックディアスで金賞をいただいて以来、なんとかもう一度入賞したいと思って制作してきましたが、まさか大賞とは…
自分の人生の中で「日本一」の栄誉が刻まれるとは考えたこともありませんでした。
なんだか順調過ぎて怖い気もします。(プラモだけですけど…)

昨年は参加を諦め、多くの作品を作ることに集中しました。またオークションへの参加も始めたおかげで、よりクオリティの高い仕上がりを目指すようになったことがレベルアップに繋がったように思います。

またモデラーズギャラリー、ホビコムといった投稿サイトでたくさん勉強させていただいたおかげだと思います。作品への多くの皆様のコメントにも大変励まされ制作のモチベーションUPにつながりました。
この場を借りてお礼申し上げます。




「JAGD SINANJU」の写真はギャラリーサイト“PLAMON”よりご覧になれます。



さらに本誌でも告知されていましたが
ホビージャパン様のご厚意で「JAGD SINANJU」を生で見ていただく機会をいただきました。大賞受賞作の「JAGD SINANJU」を11月27日よりヨドバシカメラ新宿西口本店ゲーム・ホビー館2Fにて1ヶ月程展示していただける予定です。お近くの方はお買い物のついでにでも見てやって下さい。



もうひとつ、締め切りギリギリにWeb投稿したこの子も1次通過していました!
陸戦型マンロディ「Z-RODI」です。
コレを作ったのはオルフェンズ2期が始まる前でした、アニメに「ランドマン・ロディ」が出てきたときはビックリでしたね。
簡単ミキシングですがべた塗りのヤクトとは違い、ウェザリング仕上げという別の技法を使った作品でも一次審査を通過できたことはとても自信になりました。
これで1次審査通過率100%を維持できました(^_^;



ヤクト・ドーガ改め「JAGD SINANJU」完成まで見守っていて下さった皆様、
どうも有り難うございました。













ナイチンゲール 01

イメージ
早速、腰高なプロポーションの改修からスタートです。

股・脛・足首を詰めて計11㎜短縮しました。




靴底をくり抜き、干渉部分を削って基部を3㎜下げました。




前傾させると脛アーマーがつま先に干渉するので分割しました。




足首内側、干渉部分を削ります。



より深く傾けられるようになりました。




もう少し詰めることが出来そうだったのでやってみた。
ほとんど膝が曲がらなくなりましたが、
このMSでアクションポーズも無いと思うのでこれで良し!




大型MSらしく力強く大地を踏みしめる感じが欲しいので
股間を7㎜幅増ししました。
ついでに?フロントスカートの取り付け位置も4㎜下げています




脛アーマーを可動化するためにボールデンアームズを利用。



基部にポリキャップを取り付け




素組との比較。
かなり腰を落とすことが出来るようになりました。




素組より約2.5㎝落ちています。



腰を落とすことは出来ましたが、上半身が乗っかっているだけの構造で
横から見たときの迫力が足りません。



このぐらいは前傾させたい!




やりました。
基部を18ミリ程かさ上げし、傾斜を付けました。
設定とは違いますが、このぐらいの方が迫力が出ると思います。


このままでは腰がスカスカなので、これからジャンクパーツなどで埋めます。

大きいキットは良いですね〜目に優しい!
弄っていて楽しいです。
サクサク進みます。



では