投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

オラザク

イメージ
まずはお礼から
先日モデラーズギャラリーへ投稿したディジェですが、
投稿を初めて3年弱、23作目にして初めて週間一位を獲得!


翌日には2位になっていたので、まさに一日天下でしたが、
どうしても2位止まりだったのでとても嬉しかったです。
多くのコメントも頂きとても励みになりました。
評価していただいた皆さんどうも有り難うございました。
これからも精進致します。





話は変わって、今月のホビージャパン誌にて
「第17回全日本オラザク選手権」の概要が掲載されていました。

今回の募集部門は
ガンプラ部門ディオラマ部門ビルドファイターズ部門サンダーボルト部門ジュニア部門 以上の5部門でした。



なんという事でしょう!

今年はガンプラLOVE部門がありません。

部門説明には下記のように書いてあります。

「アニメ『ガンダムビルドファイターズ』のように公式設定の枠に捉われず、自分にしか作れないオリジナルガンプラを募集します。サイズ、使用キット、スクラッチ等は問いません。」

つまり「ビルドファイターズ部門」が「LOVE部門」に相当するのだとは思いますが、ビルドファイターズと付けられると今までの何でもありだった
ガンプラLOVE部門より発想の自由度が狭くなる感じを受けるんですけど……
今年はガンプラLOVE部門で参加しようと考えていたので、なんだか残念な気持ちです。


そして一番の変更が応募方法でした。

従来通りの「郵送」に加え「ウェブ投稿」も可能になりました。
以前から声の上がっていた方法ですし、ここ数年、他のコンテストの影響なのか応募数が減ってきてたので参加者の裾野を広げるためにも良い決断だったと思います。締め切りギリギリまで粘れるしネ

ただ私が気になったのは下記の規定です。1枚あたり2MBまで、最大5枚まで インフラの問題があるので制限をかけないと仕方がないのですが 長い時間を費やして改修した作品を説明するには 5枚って少なくないだろうか? 私の場合、昨年はA4サイズ10頁、17枚の写真を送っていました。



それにWEBで投稿された作品の審査ってどうやって行われるのでしょう?
・審査員ひとりひとりがPCの画面上で見るの? ・編集部がプリントした物を、郵送作品と一緒に見るの?
どちらにしても品質が編集部のハードウェアの環境に左右されてしまうので、 応募者の意図したとうりに見てもらえない可能性…

ディジェ その8 完成

イメージ
1/144ディジェ完成しました。

他の製作の合間にまったりと作る予定で始めたのに
結局3ヶ月掛かりきりで製作となりました。
ビルドファイターズ効果でHGUC化されるのではないかと期待しましたが
結局発売はないようですね。
しかしアニメ2期制作の際には今度こそキット化されるのではないかと信じます。

武装に関して、以前の記事でビルドブースターMk2のライフルを持たせましたが、
HGUCガンダムMk-2のライフルに変更しました。
バズーカがMk-2だったらライフルもMk-2だろうと最後に気づきました。





いつものようにMG=モデラーズギャラリーへ投稿しました。
気に入っていただけましたらコメント&投票ボタンをポチッとお願いします。









ディジェ その7

イメージ
現在塗装中です。

もう4月なのに北海道の春はまだ先です。
窓を開けて塗装していたら雪が降ってきたので
基本塗装までしかできませんでした。

塗り分けはまた今度




塗装に関して、以前から試して見たかったことをやってみました。
通常塗装が終わってから行うスミ入れを、サフを吹いた状態で行うことで自然な影の表現に出来ないかと考えました。

1)サフ状態
2)スミ入れ
3)塗装



結果

スミレが黒すぎたのか、イマイチ効果がわかりませんでした(汗
色々と実験する必要がありそうです。今後の宿題。





忘れないウチに塗装レシピMEMO

緑=みるきいぱすてる「アクアグリーン」+クレオス「クールホワイト」/1:1
紺=バーチャロンC「マーズダークブルー」+「クールホワイト」/1:0.8




これだけだとネタ的に寂しいのでオマケ。



UCのベースジャバーに立て膝で載せてみました。
ディジェが意外と大きくなってしまったのでスゴク窮屈そうです。
これじゃ飛べない…

次回で完成予定です。

では