投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

Hi-ν ガンダム Ver.Ka その9

イメージ
第一印象で厚みが気になっていたけど
見ないふりをしておこうかと思っていたフィンファンネル。



やっぱり弄りました。
特に難しい事はしてません。12個あるから面倒なだけ。

ν ガンダムには必要だった接続用のスリットですが
Hi-ν ガンダム は接続法が違うので思い切って廃止し、
その分厚みを押さえることにしました。




奥がキット状態、手前がカットした物。


見づらいですが頭頂部で2ミリぐらい薄くなりました


組んだ状態はこんな感じ




あと10枚(5セット)加工しなければなりません。
1つ加工するのに20分ぐらいだったので
約3時間半ぐらいかかる…

地味に大変だよー










Hi-ν ガンダム Ver.Ka その8

イメージ
どうしよう…
ガンダムの(カッコイイ)作り方が判りません(-。-;)
ブログ始めてからキチンとガンダムを作るのは初めてです。
量産機だったら何でも出来るのになぁ




またまた無駄なあがき
くり抜いて軽量化


スラスターはプラ板でチョットだけデコレート


金属パーツでディティール追加


ファンネルコンテナのスラスターもエバグリのモールドプラ板に


プロペラントタンク
エバグリ巻いてディティール追加。
n兄さんのパクリです。
真ん中のパーツを切り詰めたので全長は変わっていません。





脚もチョット弄りました。
装甲を切り欠いてフレームチラ見せ



ダムにブチ穴開口


スラスターはエバグリ


内側にカッティングプロッタでトラスフレーム

弄っているとキリがないですね。
次は武器かファンネルに手を付けます。

では








Hi-ν ガンダム Ver.Ka その7

イメージ
昨日の午後HWSが届きました。
初めてプレバンを利用したんですけど、色替えキットなどではなく、こういう新規のキットでも1色のパッケージなんですね。
全然プレミアム感がないwww


増加装甲だけなのにかなりデカイ箱です。
ギャプランとか厚みのあるHGUCキットぐらいあります。


早速パチって装着。


まずは第一形態
ネオジム磁石を仕込んだおかげか何とか自立しています。
でも大きなシールドのおかげで左腕が肩から持って行かれます。
ちなみにベースにしているパンチングメタルはニトリで買ったメッセージボード。
私は撮影用として購入しましたけど、コルクにパンチングメタルを貼った物で、磁石でもプッシュピンでも使える便利品。




シールドのジョイントはノーマルのシールドと共通となっていますが、
ご覧のように保持力が弱いので外側に傾きます。
これぐらい専用のパーツをつくれなかったのだろうか?





次は第二形態
大きなシールドとバズーカ2本を背中に背負います。
フルコーンみたいでこっちの方が左右のバランスが取れていて好みです。
これがあったので今回HWSを購入しました。



さすがにこの形態は背中の重量がありすぎで自立は無理です。
キットに付属の支柱が必要です。
この支柱がなにげに差し込みづらいです。
一旦バックパック外してから指すのが賢明。



股間軸の位置を前方に変えた影響で、フロントアーマー裏の隠し腕が干渉します。
たぶんキットの通り組んでもかんしょうしそうですが…
隠し腕展開状態の撮影忘れてた…



予想はしていましたが、とにかく装備が重く、関節が耐えられないですね。
何か支えを作るか関節を強化しないとなりません。
第二形態なんか腰も折れちゃいそうです。

関節の強化というと瞬着で軸を太らすか、関節技に置き換えることぐらいしか
思いつかないのですが、他に何か方法があるんでしょうか?










Hi-ν ガンダム Ver.Ka その6

イメージ
今週のハイヌー

何とか自立出来ないかと靴底にネオジム磁石を仕込む



バックパックの軽量化(笑)
スタビライザーを昔のミニ四駆のように肉抜き


ココまでやってHWS出荷のメールがプレバンより届く
すっかり忘れてました……
この程度じゃHWS装備状態には耐えられない
自立は絶対無理ですね、無意味なことをしてしまった。



リアスカートは一部をくり抜きスリットプラ板でディール追加。



プラ板、プラチップでチョコチョコと




モモの合わせ目に段落ちモールド
股間軸はkeitaさんの作例にならって前後を入れ替えています。
前方に移動した分、S字立ちしやすくなります。


ほとんど見えませんが足首内にエバグリとトラスディティールを


スジボリで複合装甲っぽく


1ミリプラ板で上げ底して脚を延長。




次回はHWS装備状態です。