投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

エルテーミス その4

イメージ
なんだか忙しくてあんまり進んでません。
とりあえず現状です。






装甲にダメージを入れてみました。
どうだろう、チョット単調になったしまってますね。
もっと派手目にしたほうが良いような気がする…
リューターでゴリゴリやってみようかな。
ファブニルの剣はバランスチェックのために
イラレで作図したものをプリントして持たせてみました。
もう少し長い方がいいですね。
修正してプラ板工作します。
あいかわらずスローペースですが、塗装では最近Ma.K.モデラーさんが使っているシリコンバリアーにチャレンジしてみようと思っていますので、完成までもうしばらくお付き合いください。
では、このへんで
関連記事
エルテーミス その1
エルテーミス その2
エルテーミス その3
エルテーミス その4
エルテーミス その5
エルテーミス その6
エルテーミス その7
エルテーミス その8
よろしければポチッとしてください。


エルテーミス その3

イメージ
ハイパーカットソーって本当に良く切れますよね。
プラと一緒に自分の指まで切っちゃいましたよ(>_<)!
さすがの切れ味!でノコとは思えぬキレイな切り口でした。(画像は自粛)
よい子のみなさん刃物を使うときは注してくださいね。

エルテーミスですが大まかな改修はほぼ終わりました。
こんな感じ


全体画像でスミマセン。夢中になると写真を撮ることを忘れてしまいました。
数少ないネットでの作例とアニメの映像を参考にしながら、ピンバイスでブチ穴開けけたり、シールド裏の肉抜き穴をふさいだり、首と股関節を関節技に置き換えたりしました。

第3章でのクレオ機を再現したいので、この後ダメージを施すのと、ファブニルから奪った剣を自作します←出来るのか?
では次回へ
関連記事
エルテーミス その1
エルテーミス その2
エルテーミス その3
エルテーミス その4
エルテーミス その5
エルテーミス その6
エルテーミス その7
エルテーミス その8


エルテーミス その2

イメージ
5/3日の記事をケータイから修正したら後半部分が消えてしまいました。
なんでだろう?
同じ事書くのはめんどうなのでそのままにします。たいしたこと書いてないし。
では、エルテーミス弄ります。

今回は後ハメ加工を中心に行います。
せっかく〝クロスフレーム〟を使っているのに、足首の取り付けが外装でポリパーツを挟み込む形になっていました(左)

フレームにはポリパーツを挟む為の穴が用意されていたので、コレを利用しました。
その結果スネの長さが6mm短くなってしますので、プラ板で延長しました。

次に、ふくらはぎの外装パーツがフレームを挟み込んで接着するタイプで、合わせ目消しと塗装を考え、後ハメ加工します。


加工といってもふくらはぎ側の穴を切り欠く事とスネ側の上部の内側を切り取るだけです。
ハイパーカットソー大活躍です。
太ももについても後ハメ加工します。

こっちは簡単、内側に突き出たピンを切り飛ばして

フレームの穴を利用して2mmのネオジム磁石で接続。
このままだとガタつくのでプラ角棒でガイドを作成。
手首の接続がただの棒で可動範囲が全くありません。


関節技ボールジョイントに置き換えました。

腹部のパーツの後ハメ加工
はめ込み用の穴を切り欠くだけです。
今回はこいつが役立ちました。
タミヤ クラフトヤスリPRO

いまでは100均の金ヤスリしかもっていなくて、それもほとんど使うことはありませんでした。
なぜなら、金ヤスリはゴリゴリ削れる代わりに傷がついて後処理が面倒だから。
それに、昔の模型誌の記事で金属ヤスリは使うな!と書いてあったので抵抗があったのもあります。
しかし、この金ヤスリは全然違いました、金ヤスリとは思えないなめらかな処理面。
ヤスリと言うよりカンナがけしたかのような滑らかさです。
さらに目詰まりしにい、プラに特化したヤスリです。
手放せなくなりそうです。
それと今や定番?
ハイパーカットソー

あちこちでレビューされているので説明の必要がありませんね!
最強のプラようノコギリです。
ついつい無駄にいろんなものを切断したくなる切れ味です。
今日でGWも終わりなのでまた制作ペースが落ちます。
ではまた次回へ
関連記事
エルテーミス その1
エルテーミス その2
エルテーミス その3
エルテーミス その4
エルテーミス その5
エルテーミス その6
エルテーミス その7
エルテーミス その8

エルテーミス その1

イメージ
鉄は熱いうちに打て!
ということで、他のキットに浮気しないうちにエルテーミスの制作にかかります。


素組の状態でもかなり格好良く再現されていると思いますが、内部フレームにコトブキヤの共通フレーム〝クロスフレーム〟を使用しているため、設定と異なる部分がいくつかあります。
しかし、リアルに劇場版を再現しようとするとかなりの作業量が予想され、完成しない病にかかりそうなので、ここは気になる部分だけの改修にとどめ、雰囲気重視で進めたいと思います。(いつものことですね……)
まず気になったのがつま先の装甲部分。


アニメと比べると長さが足りないような気がするので1mmプラ板で延長しました。
もう少しフレームが見えても良かったかも…

ヒザの装甲の穴の形状も違うので修正。

ふくらはぎの四角いディテールは存在しないので、黒瞬で埋めます。

壊れた肩装甲の下から内部フレームが露出していますがキットにフレームは有りません。
装甲裏にモールドされています。
このフレームのチラ見えが無いとダメージ表現したときに画竜点睛を欠くので自作します。
1)肩の装甲をスキャナーで取り込みます。
2)イラストレータで装甲裏のフレームモールドをトレース。

3)プリントした紙をプラ板に貼って切り抜き
4)出来上がり!

ついでに、肩装甲の取り付け方がフレームを挟み込むタイプだったので、バンダイのMGのように腕とは別に軸に通すタイプに変更しましたが、形状・位置がおかしかったのでこの後作り直しました。
では今回はこの辺で、次回に続く…と思う…………………
関連記事
エルテーミス その1
エルテーミス その2
エルテーミス その3
エルテーミス その4
エルテーミス その5
エルテーミス その6
エルテーミス その7
エルテーミス その8


GW2011

イメージ
今年のGW(ゴールデンウィーク)は、雨続きで天候に恵まれない札幌です。
ということで、5/1は雨でも安心な屋内イベントGW2011(ガンダムワールド2011)へ行ってきました。

さすがにGW中だけにかなり混み合っていました。












1/1シェア専用ザク!←間違いじゃないよ、気になる方はリンクへどうぞ。
モノアイが動いてました!












昨年はガンプラの歴史やジオラマが多数あったのですが、今年は大物の展示のみで残念でした。
イベントに連動してトイザらスのガンプラコーナーもいつもより充実していました。
ショーケースに完成見本が多数置いてありました。

4/23(土)⇒5/5(木・祝)

ガンダムワールド2011in札幌

■時間/各日10:00~19:00

■会場/サッポロファクトリーアトリウム

■料金/入場無料